主役の子供が興味を持つ、ひなまつりの装飾を

行事があると、装飾をすることになりますが、購入者が購買意欲を持つようなものにしなくてはいけません。行事となると、同じテーマになるので、どうしても似通ってしまいます。そこで、他社との違いを明確にしていくことで、差別化をすることができます。ひなまつりであれば、主役となる女の子の子供が興味を持つものにすると、購入に繋がります。可愛らしさなど、テーマを決めて、アピールできるようにします。人気のキャラクター商品があれば、その路線で責めていくこともできます。流行している作品などの情報収集を行い、装飾に活かせるようにしておきます。また、ひなまつりであれば、女性キャラクターと男性キャラクターが必要になるので、その辺りにも注目して、情報収集が必要になってきます。自社のキャラクターがいるのであれば、それを利用するのも一つの手です。

ひなまつりの装飾としまう時期を知ろう

ひなまつりの雛人形などの装飾は、いつ頃から飾っていつ頃に片付ければいいのか迷う人が多です。女の子のいる雛人形を持っている家庭は、一年に一回お雛様とお内裏様を飾っているはずでも一年のうちにたくさんの行事があるせいか忘れてしまいがちになります。お雛様は節分が終わる2月4日頃から2月中旬頃から飾ることをおすすめします。もちろん、もっと長く眺めていたいという人は年明けから飾ってもかまいません。しかし、2月3日の節分で厄払いを行うため、厄払いを行った後の2月4日が気持ち的にもすっきりするため、おすすめします。遅くても、3月3日のひなまつりの一週間前までに装飾を終わらせることが大切です。また、昔から雛人形をしまい忘れるとお嫁に行けないと言われています。そのため、一般的には3月3日が終わると早々に雛人形をしまう習慣がついています。それは、満足に決まった日に片付けも出来ない子はお嫁に行けないよという意味も込められています。

マンションでもひなまつりの装飾を素敵に飾り付け

もうすぐひなまつりです。
女の子のためのお祭りとあり、装飾も華やかですよね。
最近はマンションやアパートでも飾れるお飾りが人気なようです。
持ち家と比べると、マンションやアパートは飾り付けに制限があるかもしれませんね。
ひな飾りは三段飾りがおすすめです。コンパクトな中にも華やかさもあり素敵です。
装飾は、桃の花を飾るのが一般的です。造花を玄関に飾るのも素敵ですね。
お部屋の中の飾りも桃の花を置くと、ひなまつりらしくなります。
子供と一緒に飾り付けをするときには、折り紙や千代紙などで輪飾りを作るのもいいですね。
画鋲やテープで壁紙を傷つけたくないときには、カーテンレールに張り付けたり、テーブル回りのみの飾りにするなどの工夫ができます。
セロハンテープよりは、マスキングテープの方が壁紙には優しいので、かわいいマスキングテープで飾り付けもいいですね。