ひなまつりに雛人形の装飾をする大切さ

ひなまつりは、女の子にとって大切なイベントの一つです。女の子を持つ親は、この時期になると、押入れから雛人形など装飾物を取り出す作業が一年に一度の行事の一つです。遠い昔から語り継がれてきたこの行事ですが、最近では狭い家だからといって雛人形を購入しなかったり、ついうっかりかざり忘れたりする家庭が増えてきています。それでは、今の子供たちがひなまつりという行事に触れることができません。一年に一回、この雛人形を飾ることにより、家族の中で笑顔がうまれたり、楽しみにする子供が増えていきます。子供たちに、この伝統に親しみをもって受け継いでいくためにも一年に一回のひなまつりの装飾を面倒くさがらず行うとが大切です。また、住んでいる部屋が小さい場合は、小さめの雛人形を買うことをおすすめします。今は、種類やサイズなど様々なものが売られているので、各家庭に合った雛人形を選びやすくなっています。

自宅でひなまつりの装飾をするなら

正月を過ぎたあたりから、テレビではひな人形の宣伝が見られるようになります。どれも同じような人形に見えますが実は表情が全くことなります。またひな壇に飾る桃の花なども多種揃えられています。今ではキャラクターのものがあったりしてインテリアとしても可愛く飾ることができるようです。スーパーであれば、ひなあられやちらし寿司の販売コーナーに桃の花を飾ったり折り紙でお雛様とお内裏様を折ってレジの付近に張り付けてあるところもあるでしょう。では自宅では、どんな装飾があるでしょうか。やはり人気が高いのは収納に手間が掛からない、ほこりもつきにくいガーランドでしょうか。ひな人形のところだけが華やかなのは少し違和感がありますから、リビング全体を華やかにすることで一層可愛くなります。ネットでは、ひなまつり用のピンク色のものが2千円ほどで販売されています。

ひなまつりの装飾は和紙や千代紙で

2月が過ぎるとあっという間に女の子の桃の節句になります。おひなまつりに合わせて2月中旬にはお雛様を出して、そろそろ準備に取り掛かりたいですね。お友達を呼んでちょっとしたパーティーを開くのも楽しいかもしれません。梅や菜の花などの季節のお花を飾って、華やかな雰囲気にするのもいいですし、装飾でガーランドなどを天井からつるして、楽しい雰囲気にするのも良いですね。この時通常手作りでする場合、折り紙などで作る場合が多いですが、桃の節句らしく、あえて和紙や千代紙などで、和風なテイストにして見るのが良いのではないでしょうか。千代紙の模様も、女の子らしくて古風な物が多いですし、和紙もピンクや黄色などのふんわりしたパステル調の物を選んで、鋏ではなくあえて手でちぎって、独特の風合いを作り出してみるのも良いでしょう。