ひなまつりの装飾は折り紙でもできる

子供の成長を祝う行事はいくつかありますが、子供の日は悠々とこいのぼりが泳いでいる姿を目にします。ひなまつりでは女の子のいる家庭では、ひな人形を飾って、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物を食べたりして華やかで賑やかな日を過ごすことでしょう。ひな人形も昔の方は大安の日に飾って嫁入りが遅くなるという云われから翌日には片づけるような風習がありました。今では翌日が雨なら湿気でカビが生える恐れもありますから数日経って片付けても良いとされています。しかし、今の時代は片親の家庭も多くなってきましたので人形を飾る余裕がないところもあるでしょう。しかし、ひなまつりの装飾は折り紙でも作ることができます。最近では100円ショップに工作用のボードがありますから、それに人形を折って貼り付け、あとは絵具や色鉛筆で色を塗ればできます。

ひなまつりの装飾を楽しみながら行う

ひなまつりは女の子の健やかな成長を祝って行う行事です。昔からある行事なので、伝統としてちょっと変わった装飾をする地域もあります。豪華な飾りではなく、つるし雛をたくさん飾っているところもあります。ひな人形はお祝いをする女の子の身代わりとなるもの、と考えている地域もあり、災いを背負ってくれるものとして川に流して供養をする、という地域もあります。そのため、つるし雛のような簡単に作ることが出来るものを飾ることがあります。これも地域性が関係をしていることなので、実際に自分が住んでいるところではどういう伝統、風習があるのか調べてみるのも面白いでしょう。今は装飾をする際にひなあられなどを用意します。また最近ではデコレーションケーキを置く場合もあります。伝統的な部分と女の子のお祝いとしての役割があるので、自由に楽しむのもよいでしょう。

ひなまつりの装飾の違いから選ぶ方法

ひなまつりの時に飾るひな人形はそれぞれ装飾の違いがあります。そのひな人形を選ぶときに気を付けることはおひな様を飾るスペースについて
考えておくことです。そしておひな様を選ぶ際にはまず顔が好きかどうかを基準に選ぶことが大切です。飾ってよかったと思える人形でなければ
喜びも薄れてしまいます。
次に自宅のインテリアとの調和も考えつつ、飾りつけした時のバランスを考えながら選ぶことが重要になります。
まずは購入前に、色々な角度から人形をよく見てみることが有効的です。人形は上下左右から見るとそれぞれ顔が違っていますので、事前に飾った時の角度から人形がどう見えるのかを確認しておくことが大切になります。
実際にひな人形を買う前に、家族で予算や置き場所やどんなおひな様がほしいのかを改めて話し合いをしておくことで、行ってから勢いに乗らずに選ぶことができます。