ひなまつりの日はお部屋を春らしく装飾します

3月3日のひなまつりは桃の節句ともいわれ、現在は女の子の健やかな生長と幸せをお祝いする日です。昔の中国では邪気や穢れが襲ってくる忌日とされ、人々は禊をし紙で作った人形に自分の身のけがれを移し、水に流したのが流しびなの始まりです。この習慣が日本に伝わったのは平安時代で、当時の女の子のお人形遊びをひいな遊びと呼んでいたことから、ひな人形といわれるようになりました。人形も徐々に手の込んだものとなり、川には流さず飾って楽しむようになりました。江戸時代に今の様な段飾りになりました。
ひなまつりは、ちらし寿司やハマグリのお吸い物などの御馳走をかこみ、家の中を春らしく装飾して家族でお祝いします。菱餅やひなあられの色には意味があり、ピンク色は桃(春)、緑は若草(夏)黄色は紅葉(秋)白は雪(冬)を表すとされています。

ひなまつりの装飾は毎年忘れずに

ひなまつりのシーズンになると、女の子を持つ親は雛人形などの装飾をする人が多いです。雛人形といっても、各家庭で持っているものは様々です。宿舎など、あまり広くない家に住んでいる人は置き場所に困る人もたくさんいます。そのため、購入の際にあまり大きいものを買ってしまうと、出す時だけでなく、クローゼットやタンスに収納する際に入らないといったことになります。そうならないためにも、購入する時は部屋に飾るスペースと収納スペースの二つが確保できるものを購入することが大切です。立派なものを購入しても置き場がなければ意味がありません。大切なのは、小さな雛人形であっても、ほんの気持ち程度の装飾であっても、忘れずに毎年出すことです。忘れずに出すことで、また今年もひなまつりの時期が来たんだと子供たちの心に残り嬉しい気持ちになります。

ひなまつりのステキな装飾を考えましょう

ひなまつりは女の子のいるお家では一大イベントです。おひなさまを飾って、健やかな成長を願います。スタジオにお写真を撮りに行ったり、お誕生日並のパーティーをするご家庭もあるかも知れません。本来おひなさまを飾るのは大人の役目です。そこそこ高価なものですし、子どもが加わることで大変だったりもします。しかしそこはぐっとこらえて一緒に装飾を考えてみるのもいいでしょう。実際準備段階から加わることで行事自体に親しみを感じ、より楽しめること間違いなしです。そしてその子が大人になった時に自分がしてもらったことを覚えていて、自分の子どもにもしてあげる可能性もあります。温かい家庭で育ったという実感を持っていると人にも優しくなれます。面倒がらずに季節行事を大切にしていくことで、子どもの大きな成長を感じられるでしょう。