料理を見て食べて楽しむひなまつりの装飾

3月3日は女児のすこやかな成育を祈る昔からの風習です。家族みんながお子様を主役として祝福するということが、一番大切なことです。ひな人形や桃の花などで部屋を彩る方は多いことでしょう。さらにはみんなで囲むひなまつりの料理も装飾の一つとなります。その代表的な料理がちらし寿司です。錦糸たまごや桜でんぷや三つ葉で彩り豊かに飾れば、華やかさは増します。一緒にはまぐりのお吸い物を並べれば、さらにお祝いらしくなります。そしてひなまつりで良く目にするのが菱餅です。下から緑・白・ピンクとなっており、それぞれ「草萌える大地」「雪の純白」「桃の花」を表しています。他にもひなあられや甘酒など、装飾としても使えるアイテムがたくさんあります。お子様を思う気持ち、お孫さんを思う気持ちを託したひな人形と成長したお子様を見ながら、みんなで美味しいものを食べて楽しみましょう。

オレンジとピンクでポップなひなまつりの装飾

桃の節句のお祝いで、ひなまつりパーティーをされる方も多いことでしょう。ここでは、テーマカラーをオレンジとピンクの元気カラーにした
、ポップな飾りつけを3つご紹介します。
まずは、パーティで部屋の装飾に欠かせない風船。オレンジとピンクの2色を用意します。ガス入りのものならバラさず5つくらいにまとめて置きます。ガス無しのものなら1つずつ天井から下げます。
次は、テーブル周りです。お祝なので豪華に、ゴールド系のテーブルセンターやランチョンマットを敷きます。カトラリーやお皿もピンクやオレンジのものを揃えられたらベストですが、1人ずつのカトラリーをテーマカラーのリボンでまとめるだけでもお部屋との統一感が出ます。ホールケーキに、オレンジやピンクのマカロンを飾るのもおススメです。
最後は、生花を飾ってより華やかに仕上げます。ダイナミックな桃の花、オレンジとピンクでまとめた可愛らしいチューリップの花束などを飾り、お祝いを盛り上げましょう。

ひなまつりの装飾をしてイメージを作るコツ

ひなまつりは年に一度しかなく女の子が最も楽しみにするイベントであり、最高の気分を味わい満足してもらえるようにする方法が望ましいです。装飾をする時は可愛らしさを前面に出せるようにイメージし、記念すべき日になるように考えると効果があります。デザインを決めるコツはサイトなどでサンプルを参考にすると初心者でもイメージしやすく、相手に喜んでもらえるように決めやすいです。
ひなまつりの装飾をしてイメージを作るコツは特徴を把握し、女の子が興味を持ちやすいものをアピールできるように決めることです。ひなまつりは春の風物詩であり、桃の節句と呼ばれているため桃色をイメージすると独特の雰囲気を味わえます。女の子は可愛いことに興味を持ちやすいため自分なりに考えてデザインを決め、満足してもらうとやりがいを感じるため効果があります。

フィッティングルームはスチール製から木製まで取り揃えております。 試着用フェイスカバーとフェイスカバーケースも取り扱っております。 アンティーク調のディスプレイテーブルは深みのあるクラシカルな色合いに仕上げました。 ブラックボードは卓上タイプからスタンドタイプまで取り揃えております。 キャビネットのブロッサムシリーズはカントリー調で使い込んだような風合いをお楽しみいただけます。 ひなまつりのための装飾品なら【ストア・エキスプレス】